2017年6月27日

第68回定期総会

6月25日(日)県民会館パルテホールにて、神戸親和民主商工会第68回定期総会を開催しました。全体で75名の参加となりました。
第1部では議案の提案・採決、役員体制の提案・承認、決算・予算等が行われました。参加者から、税務調査、元町有楽名店街やモトコーの立退きの話が報告されました。第2部の懇親会では、料理を食べながら交流を深めました。この1年間、頑張った班・支部・会員さんが表彰されました。
IMG_4545.JPG

2017年5月23日

「モトコーを守る会」 街頭署名で214名分集まる

5月19日(金)午後5時半からJR元町駅西口周辺で、契約更新とモトコーの存続を求める街頭宣伝を行いました。
約30名が参加し、マスメディアも多数取材に来ていました。
『JRの立退き理由は破綻、契約更新を』のビラ500枚を配りながら、「モトコーで営業を続けたい。署名にご協力をお願いします。」と必死に訴えました。署名は約1時間でJR西日本宛と神戸市宛が、それぞれ214名分集まりました。
「モトコーをなくしたらあかん」「モトコーって...高架下か。大好きです。」と進んで署名してくれる方も多く、予想以上の反応でした。
まだこの立退き問題を知らない方もおられ、モトコーを守る運動をさらに広げることが必要です。
IMG_4499.JPG

2017年5月15日

風営法学習会35名が参加

5月12日あすてっぷ神戸で風営法学習会を開催し、35名が参加。全商連からも2名が参加しました。
神戸あじさい法律事務所の坂本弁護士を講師に迎え、風営法の趣旨・成り立ち・規制対象や接待の定義や基準について学びました。参加者から「警察に踏み込まれた場合はどうしたら良いのか」「お客さんからデュエットや踊りを誘われたら断れない」など実際の現場での悩みや質問がありました。
最後に、坂本弁護士から「今回の学習会で暗い気持ちや不安になった人もいたと思いますが、警察の解釈やこの法律自体がおかしいのです。過去にも風営法の大幅改悪がありましたが、みんなの反対運動で一定の歯止めがかかったのは事実なので、根本を変えていくことが大事です。」と話されました。
今後は地域の料飲組合にも呼びかけて、運動・署名を広げていこうと意思統一しました。
IMG_4347.JPG